僕のコンプレックスは太ってる事です。夏場は汗をかくので痩せていく傾向にありますが、クリスマス、年末年始、冬場は極端に汗をかかなくなることなどで痩せなくなってしまいます。

そこで汗をかかなくてはいけないので実践したのは、自転車ダイエットです。自分の年齢はもう四十も過ぎて良いおっさんですが、自転車に久しぶりに乗った感想から言うと、高校生のように機敏には走れないという事です。

自転車はもちろん有酸素運動ですから、十五分以上足を動かし続けていれば全身の燃焼細胞が活性化されカロリーは消費されていきます。よく、ジムなどで格好いいお兄ちゃんやお姉ちゃんがバイクを漕いでるのをテレビや映画などで見かけますが、あんな格好良くは最初はなれません。

なんて言ったって、足がついていかないのです。すぐに太ももは乳酸が溜まり漕げなくなります。一番最初にやってしまった失敗は、高校生の頃のような気持で遠くまで行こうとしたこと。

遠くまで行けたことは行けたのですが、帰りが漕げない。どうしても足が動いてくれないのです。筋肉の衰えと言うものは凄いもので歩けない走れない自転車漕げない、大体の太っちょ君は足が衰えてます。

足が発達してる奴には大体痩せてる人が多いのです。自転車漕ぎダイエットで気を付けないといけないのは、やり過ぎに注意という事です。大体時間にして三十分もやれば良いでしょう。

それもややきつめ位で良いです。あまり激しくやってしまうと競輪選手みたいに太ももが発達してしまいジーパンや細めのズボンが入らなくなってしまいます。

だから適度な感じで良いのです。僕は最初は五分も漕げませんでした。一キロくらいで太ももには乳酸が溜まり休憩。帰りは押して帰ってくるという情けなさでした。それを一月位やっていたら、距離は三キロくらいに伸びました。

行き帰りで二、三十分です。走行距離は六キロ。大体そんな感じ位が一番良い距離数だと思いました。現実に身長175センチ体重九十キロだった私は、三か月で八十キロまで落ちました。

食事は少しだけ腹8文目位で止めておきました。10キロも痩せると足が軽くなるんですね。10キロの米を抱えて生きていたって事ですから、その荷物が無くなったという事です。

今年の夏場はクーラーの効いた職場でほとんど汗をかくことも無かったので、明日からまた自転車開始です。70キロまではいきたいですね。皆さんも簡単に始められて、膝に負担の少ない自転車漕ぎでダイエット、明日から始めませんか?

それと、春先になると花粉症に悩まされます。鼻炎が凄くて仕事も手につかない状況になります。薬などを飲んでいるんですが、あまり効果もなく。

他にいい方法がないんでしょうか?

※鼻炎にお困りの方にお勧めのサイト情報⇒鼻炎の治し方※僕は味噌汁とお茶という自然療法で治しました。